2007年08月13日

2007年8月 広島遠征と天草島原旅行

2007年8月10日 5回目の正直! 広島遠征ようやく勝利!!

近江今津で待つ521系。521系の湖西線は少ないです。
近江今津で待つ521系。521系の湖西線は少ないです。
今日から夏休みということで、広島と九州を旅行することにしました。
始発のサンダーバードで金沢を出て、福井から青春18きっぷ。
金沢からですと広島到着が遅くなるので、福井まで特急でワープしました(本来は急行きたぐにの予定でした)。

福井からは敦賀、近江今津、京都、相生と乗り換えて岡山へ。
意外なことに、521系で近江今津に来たのは初めてかな。


相生から岡山までは案の定満員です。
相生から岡山までは案の定満員です。
岡山のココイチでテイクアウト
岡山のココイチでテイクアウト
相生からの列車は115系リニューアル車と3000番台の混結。予想通りの混雑。新快速、先に3両目辺りに移動しておいてよかった…。
混雑のために列車は遅れ気味…。
昼食は岡山のココイチのテイクアウトを考えていましたので「時間に間に合わなかったらやばい」と言う事で熊山付近で注文。
旅先でテイクアウトの注文するのは初めてでした。

岡山で駅前のココイチに寄ると、出来上がる3分前でした。
まあ、お昼時で混雑する時間帯でしたのでちょうどよかったです。
本当は兵庫県内にいるときに電話しておきたかったんですけど…。
(電話番号調べるのに電波が弱くて時間がかかった)

ココイチから駅に戻ると、次はサンライナーで福山へ。
サンライナーは117系だし比較的空いていて、山陽本線の普通列車ではやっぱ快適です

福山からは115系の下関行き快速。笠岡で乗り換えてもよかったのですが、サンライナーの快適さを福山まで味わいたかったので福山まで来ました。
下関行き快速は4両編成で、最後尾だけは「セミクロスシートのロング部を外したリニューアル車」。昔はキハ54と同様のカラフルなバケットシートだったと思いますが今は単色になってました。
今日は朝が早かったので、セノハチ付近で少し寝てしまいました。

広島に到着後、2年ぶりにホテルヴィアイン広島に15時30分過ぎにチェックイン。
LAN付きの部屋をお願いし、さらに線路側の部屋にしてもらいました。
なぜかLANのカバーが外れにくかったのでフロントにお願いしてゼンマイ通しを持ってきて開けてもらいました。

外は非常に暑かったのですが、部屋の冷房はそれほど利かなかったです。とはいえ前回も夏だったのですがそのようなことはありませんでしたので、部屋の位置やフィルタの状態が原因だったのかなという気がします。

そして野球観戦のためホテルを出ます。
広島駅前郵便局の隣で、郵便局にはローソンが出来ていました。
今回はローソンパスを使うためにローソン利用にしましたが、ハートインでもICOCAマネーが使えるようになりポイントが貯まるようになればハートイン利用にするでしょう。

16時前には広電で紙屋町西へ。やってきたのは3800形でした。
途中、グリーンムーバーMAX(5100形)と何度もすれ違いました。
球場に行き急ぎすぎたという感じです。1本待ってから乗るだった…。
後で調べたら、7編成もあって1系統(広島駅−宇品港)中心に運用されているんですね。

5度目の正直!!梵選手カッコよかった〜
5度目の正直!!梵選手カッコよかった〜
勝利の広島焼きです!!
勝利の広島焼きです!!
広島市民球場への遠征は、今日でかれこれ5回目です。
1999年、2000年、2003年、2005年と過去4回来たのですが、私が見に行くとカープは負けばかり…。
計画していたものの仕事や風邪で計画倒れになったのも何回かあるのですが(2004年、2006年、2007年6月)、このときは逆に勝ってばかり…。
再来年には新球場が完成しますので、広島市民球場でのカープの勝ち試合を見たいというのがここしばらくの夢の一つでもありました。

試合は初回に梵(そよぎ)選手がいきなり先頭打者ホームラン。その後も2打席連続アーチ・全出塁&4得点という大活躍で7−3と快勝しました。
初回の観戦から数えて8年越しの勝利です。
気持ちよく「それ行けカープ」歌ってきました。
ヒーローインタビュー、カッコ良かったです。
ちなみに新井選手も5安打だったのですが、今日は梵選手の活躍が目立ちました。

帰りはいつも通り「お好み村」へ。
今日は「カープ」というお店で広島焼きを食べてきました。

グリーンムーバーMAXで駅に戻ろうかなと思ったのですが、夜遅すぎて運用離脱していたので、結局、いつものようにホテルまで歩いて戻りました。
ってなわけでグリーンムーバーMAXは明日の朝に乗りに来ようっと。

何でグリーンムーバーMAXに乗りたいかというと、純国産製の低床車であるから、私の知り合いが設計に関わっているからという理由だったりします。

2007年8月11日 N700と帆柱ケーブルと天草四郎

これぞ国産低床車「グリーンムーバMAX」
これぞ国産低床車「グリーンムーバMAX」
ウワサのN700、開業1ヵ月後に乗車!!
ウワサのN700、開業1ヵ月後に乗車!!
今朝は6時半頃に目が覚めましたので、昨日乗れなかった「グリーンムーバーMAX」に乗ろうとネットで調べてみると、ネットで「グリーンムーバーの位置情報」がわかるサイトがありましたので、調べてみました。
ただ、グリーンムーバーの位置情報といっても、従来のかMAXかはわからないのですが。

すると、7時台には3本ほど広島駅方面行きがあることがわかり、昨日の帰りに発見したなか卯まで歩いていき、朝食をとってからグリーンムーバーMAXで戻ることにし、ホテルをいったん出発。

銀山町のなか卯まで15分ほどかけていき、時鮭定食の豚汁を株主優待券+30円で味わいます。
ホテルの朝食は500円でつけられたのですが、洋食だったのでパスして近くで食べることにしたのでした。

先の便だと食事の時間があまりとれないので、7時40分台に2本あるうちの後の便に乗ることにしました。
定食のおろし大根を食べていると、先に「グリーンムーバーMAX」が来ました。
やはり綺麗です。
それを見届けてから店を出て電停に着いてグリーンムーバーMAXを待ちます。すると…、

従来型のグリーンムーバーが来ました…。

まあ、2系統(広島駅−宮島口)は従来型が多いので、後の便は宮島口発だったからな…と考えると「案の定」といった感じでした。まあ、次もすぐ来るだろうと気を取り直して次を調べると、8時すぎに広島港からの系統のが来ることが分かりました。「これは大丈夫。けどまだ時間あるなあ」ということで、八丁堀まで歩いてからグリーンムーバーMAXを待つことにしました。
朝日を浴びながら八丁堀まで歩き、電停で待っていると今度こそ「来ました」。

昨日から待っていたグリーンムーバーMAXです。

そして乗るのは3号車。
ここはロングシートなのですが、定員を増やすために車輪を小さくし、それでロングシートの座席を確保したところだからなんですわ。
2、4号車のロングシートの座席と座り比べたのですが、3号車の方が少し座席が高いですね。
苦心のほどが伺えます。

広島駅で降りてから、車輪の違いもみたのですがやっぱり少し小さかったです。
とはいえ、よくよく見ないとこの違いにはなかなか気が付かないと思います。

その後JRの広島駅に戻って乗車券を買ってから、ホテルに戻り、少しの休憩&荷支度。
2年ぶりのホテルヴィアインを満喫してから出発し、新幹線ホームへ。

待つのは「のぞみ99号」。品川600発の。そうです、N700系なのです。
帆柱ケーブルに乗るのに都合のいい時間を考えていると、たまたま(笑)、N700系だったのです。
(とはいえ、少し狙ったんだけど…)。

ホームでN700系を待つと、帰省ラッシュの様子をとるためか、NHKと地元の放送局が来てN700系を待っていました。

5分程度遅れるとのアナウンスが…。
後続の「のぞみ1号」(こっちもN700系)も10分遅れ。

まさか「通常の700なんでは」と思ったりもしましたが、帰省ラッシュでこの2本に集中しているからでした。
入線シーンを撮影し、車内に入ってみると、予想通りの混雑。通路にも立ち客が多くいる状態でした。

指定席とは思えない。

まあ、帰省シーズンのN700は乗車率が非常に高く広島以西でも空席など出るわけがないことを想定して(通常、この区間は空いているので指定席でなくても座れることが多い)、指定席特急券をあらかじめ買っておいてよかったわ。

そして小倉までN700を満喫。
自慢のアクティブサスペンションは山陽新幹線内では強制的に働かせたりはしていないのですが、乗り心地は多少改善されているらしいです。
けど、全くわかりませんでした。
もう一つの自慢である車内コンセントは、客室窓の下部に多く設けられていてこれは便利だなと思いました。
携帯電話を充電している人、みましたね。

小倉に到着。列車が遅れたため、乗る予定でした快速は接続待ちせずに走り去っていました。
仕方なく次の準快速で八幡に出て、帆柱ケーブルまでのシャトルバスは行ってしまったので、タクシーで帆柱ケーブルの山麓駅まで行きました。
帆柱ケーブルの山頂から。スロープカー工事中でした。
帆柱ケーブルの山頂から。スロープカー工事中でした。
山麓駅から山頂駅まで1.1km。
2003年に新製された「はるか号」「かなた号」(「はるか」とくれば「成田エクスプレス」ってくるのは私だけ?)が運行されています。
行きは「はるか号」で山上へ。10人以上乗っておりました。
途中、線路の両側に木があって新緑の中を通るところがあり、紅葉の時期に来ると綺麗なのだそうです。
やがて山上駅に到着。
あれこれケーブルカーも乗りましたけど、これで六甲ケーブルを残すのみになりました。

せっかくここまできたのだからすぐ引き返すのはもったいないので、山頂に行ってきました。
山上駅から山頂までの石段を登り(以前は山頂までリフトがあったのですが昨年に廃止され、スロープカーが2007年秋に完成の予定です)。
山頂に行ってきました。北九州の工業地帯一望できるという見晴らしは爽快でした。
小倉地区でのテレビ局の電波を飛ばす拠点のようで、反対斜面にはNHKや地元放送局のタワーが立っておりました。

山頂で15分ほど景色を見て、山上駅に戻ります。
驚いたのは、「ケーブルカーに乗ろう」の全国のケーブルカー紹介ページが印刷されて紹介されていたことです。
こうした地道な努力が、各地のケーブルカーの乗客の増加や鉄道ファンの増加に繋がるとうれしいですね。
そして12時発の「かなた号」で下山。

山麓駅から八幡駅までは、シャトルバスのない時間帯でしたので歩いて戻りました。20分弱の下り道なので、暑いのを除けばちょうどいい運動でした。

さて、帆柱ケーブルは北九州市内とあって接続はイマイチなものの交通の便は便利で、ケーブル駅まで大きく3通りの行き方があります。
まずは無料シャトルバス。土曜、休日と夏期(木曜日除く)の11時から30分ごとに出ているのですが、ケーブルに時間をあわせているわけではなく、昼に1時間空くところがあったりします。
次に西鉄バスが黒崎方面から登山口まで約30分ごとに運転されています(登山口から山麓駅までは徒歩数分)。こちらの利用もいいかもしれません。
そして徒歩。八幡駅からでも歩くと20分くらいですので、下りになる帰りならいいかもしれません(けど、暑かったです…)。
その他に八幡駅からの路線バスもあるようですが、休日のみ運転で本数が少ないです。

八幡から普通で黒崎に出て、黒崎からは885系のソニック。「白いソニック」は初めてでした。
けど、かもめと書かれていてあまり違いはなかったです。

ソニックも5分ほど遅れていましたが、博多での乗り継ぎは15分あるので、大丈夫と思いました。
博多からは「リレーつばめ47号」。
帰省シーズンで指定席も結構前に満席でしたので、「絶対座れないだろう」と想定していたのですが、予想通り立席になりました。
列車が遅れてなかったとしても、あの行列では間違いなく立席です。

今回は少し前に買ったAdvanced/W-ZERO3[es]を持ってきていますので、「立席でも大丈夫」と、立ちながら日記を書いておりました。

やはり長距離列車とあって座っている人で下車する人はほとんどいないです。通路もお客さんでいっぱいです。
そういえば九州乗りつぶしにきた12年前のこの日につばめに乗ったら、大混雑でつばめレディさんが大量の売上伝票を見てよろこんでいたのをまた思い出してしまいました(^^;

結局、座れたのは上熊本からでした(1駅だけ…)。

密かな名車、キハ31。この窓が好き!!
密かな名車、キハ31。この窓が好き!!
天草四郎記念館です。なかなか良かったですョ。
天草四郎記念館です。なかなか良かったですョ。
熊本からは三角行きの普通2連。
前が冷房車のキハ47、後ろが非冷房のキハ31。
冷房の方が混むのかなと思いきや、意外とキハ31の方が混んでいてびっくり。
帰省客が多かったので冷房車のことを知らずに乗っている人が多いだけなのか、新しそうな車両に見えたからだろうか、転換クロスだからか、さてはてふむ〜?

まあ、
「私みたいにキハ31が好きな人が多いのでしょう!」
と勝手に結論。

混んでいましたので熊本では座れませんでしたが、宇土で2列シートの通路側に着席(キハ31のシート配置は2+1)。
九州新幹線の高架がかなりできているのが見えました。

宇土から光線方向が変わったので一斉にカーテンが閉まる。
景色が見えん〜。
とはいえ何駅か進んだところで反対側が空いたので着席。
速攻カーテンを開けて有明海を見ながら快走。
12年前に三角線に乗ったときは18時台でしたのでここまで景色は見られませんでしたから、はじめて見る光景かも。
時間帯が違えば変わってくるなと感じました。

やがて列車は山の反対側に移動し、三角駅に到着。
三角まで乗り通す人が多かったです。

三角駅からは天草方面に行きたいのでバスに乗るのですが、三角駅からのバスは本数が少ないので、近くの「五橋入口」バス停までは歩いて10分ほどいきます。
このバス停からですと、熊本方面からの快速バス「あまくさ号」が利用できます。
こちらは1時間に1、2本ありますので便利です。

このバスの乗り継ぎ、決して便利ではない乗り継ぎですが、私と同じように駅からバス停まで歩く人はいて、五橋入口のバス停では6人も待っていました。
結構この乗り継ぎは使われているみたいです。おすすめできますね。

やがてバス「あまくさ号」が到着。
意外と、空席が少なかったです。
帰省シーズンだからかな?

そして「天草四郎公園前」で下車。
天草の目的地は「天草四郎メモリアルホール」。
三角駅に1割引券がおいてありましたので、団体料金(540円)で入れました。
メモリアルホールは普段は17時で閉まりますが、GWと夏休み期間は18時まで開館しています。

館内はガランとしていて寂しかったのですが、内容は立体シアターやフランシスコ=ザビエルの人形など。
1人で見ておりました。当然、シアターも貸切で私が入るとすぐ上映が始まりました(^^;

400年前のイケメン・天草四郎を称えるいい内容です。

鎖国前のキリシタンの様子を改めて知る、いい機会になりました。
天草に行くのなら天草四郎メモリアルホールは是非おすすめします。

そして公園には愛の鐘と天草四郎の石像があります。
けど、愛の鐘は17時で閉まってしまいましたので、鳴らせませんでした…。
(メモリアルホールは18時まで延長するときでも、こっちは延長されないのね)
メモリアルホールでは人前結婚式もできるそうです。

天草四郎公園前から再びバスで本渡バスセンターへ。
途中疲れたのか20分ほど寝てしまいました。
天草の島々を過ぎるのですが、橋の連続です。
本州でいうならば、しまなみ街道のような感じですかね。

やがて本渡バスセンターへ。
このあたりに来ると天草市の中心とあって、ファーストフードのお店があるちょっとしたオフィス街っていう感じです。

今日の宿は「カプセルホテル天草」。
カプセルホテル天草は最近オープンしたカプセルホテルのようで、1泊3300円。
今回はじゃらんポイントを300ポイント使ったので3000円です。
新しいこともあってか、かなり綺麗でした。

九州旅行で、天草に行きたいと思いホテルを探していたら、安いホテルの中でここが一番よさそうと思い決めました。
カプセルは男女別の部屋になっていて、男性部屋18室、女性部屋4室となっております。カプセル自体はごく一般的なものでした。

ホテルでは夕食はついていなかったので、近くの魚料理の美味しいところはないかホテルの人に聞いてみたところ、近くの「やまもと」を紹介してもらいましたので行ってきました。
ここは魚料理が中心のお店で、店内に大きな水槽があって活魚がいます。
メニューには天ぷらや御膳もあったのですが、おすすめと書かれていた「あらだき定食」にしました。

私は魚は好きであらもよく食べるので、ちょうどいいなと思いました。
あらだきは作るのに時間がかかる旨(最低20分。実際は40分くらいだったかな)を言われたのですが、「いいですよ〜」と快諾。
Advanced/W-ZERO3[es]を持っておりましたので当然これを使ってたんですけどね。

やがて食事が来ました。
あらは細かい身が多いのでカニを食べるような感覚です。
結構凝り性なので、ごはんは1回おかわりして1時間くらいじっくりと食べておりました。
「味付けが濃いかな」というほかは、さすが新鮮さがある魚でした。

そしてホテルに戻り、シャワー浴びます。
ロッカールーム&洗面所に1人用のシャワー室&更衣所が3つあり、備え付けのタオルを持って入るシステムになっています。
バスタブがないのですっきりしていますが、洗面台もないので水をためるのには困りました。
洗面器と椅子があれば…と思いました。

そしてロビーには無料のインターネットを楽しんでおりました。
パソコンは2台あり、1台はプリンタにつながっています。
私はパソコンを楽しんでおりましたが他のお客さんは使ってなかったです…。

最初はお客さんが少なかったのですが、24時前になると結構来ました。
週末だったこともありますが、呑んで家に帰る人が「代行タクシーを呼ぶよりもここに泊まって翌朝運転して帰ったほうが得」と言ってました。
住んでいる場所にも寄るんでしょうが、なるほどと思いました。
2430ごろ就寝。

2007年8月12日 島原鉄道キハ20とトロッコ電車と島原温泉


鬼池港から口之津までフェリー。遊湯券も買っちゃった!!
鬼池港から口之津までフェリー。遊湯券も買っちゃった!!
島原鉄道南線の最後の夏!!
島原鉄道南線の最後の夏!!
630にカプセルホテル天草で起床。

朝食はパンが出ます。この日はロールパン2個とメロンパン。
オーブンで焼いてから食べます。寮は少ないですが朝食としては十分かな。

早速身支度して、745発のバスに乗るために740に本渡バスセンターに向けチェックアウト。
結構おすすめで、シャワー室をもう少し工夫すればさらによくなるように思いました。
745発のバスで鬼池港へ。

バスちゃんシート(運転士の横の席)が珍しく取れなかったので、最後尾に座っておりました。
そして、20分ちょっとで鬼池港です。

鬼池港でも天草四郎の石碑がありました。
島鉄フェリーの乗り場は目の前です。

今日は島原鉄道にいっぱい乗るので、「島原半島遊湯券」(3000円)を買いました。
これでバスやフェリーにも乗れ、温泉も入れるのです。
時間があったので島原鉄道のトロッコ列車の予約を使用と思ったのですが、パンフレットをもらうと電話の受付が9時からとのこと。

遊湯券の温泉は小浜温泉、雲仙温泉、島原温泉など約20箇所の施設で使用できるのですが、時間の都合から島原温泉で使うことにしました。
本当は小浜温泉に行きたかったのですが、天草旅行と組み合わせて色々プランを練った結果、「小浜温泉に行くなら2日間使える切符の方がいいですし、第一それだけ時間が確保できない」「1日だけ使用することを前提で考えてみると、小浜温泉に行く時間が取れない」ということで今回、小浜温泉はあきらめました。

やがて1便前のフェリーが到着し、結構車のお客様は結構多いです。
「鹿児島・熊本−長崎最短便」と書かれている通りです(熊本の場合、島原フェリーの方が便利なところも多いけど)。

口之津港までは30分。最前列での前方展望で船の旅を満喫しておりました。
あと、島原鉄道のトロッコ列車の予約も電話で済ませました。
そして口之津港では、とりあえず駅に出ました。

島原鉄道の南線は今が最後の夏。来年春に島原外港−加津佐間の廃止が決まったのです。
そんなわけで口之津駅、寂しい駅でした。
私は南線をしのぶつもりで来たわけではなく、ずっと島原鉄道に乗りたいと思っていて後回しにしていたら廃止が決まった、という路線なのです。
私が訪れてから廃止が決まったところって、結構あるんですよね。
とはいえ廃線をしのぶのならばと、加津佐方向にとりあえず撮影できそうなところを探しながら歩いていきます。
上り1本と下り1本は撮影できそうです。

白浜海水浴場前駅近くに、道路がオーバークロスするところがありましたので、そこで撮影。
新型気動車のキハ2500です。
撮影後、加津佐・小浜方面行きのバスがきたのでそれに乗って加津佐駅へ。バスも遊湯券で乗れるのです。

加津佐駅では、女島の展望台があってそこに登れば望遠レンズでいい写真が取れるらしいのですが、落石のため通行止めで登れませんでした。
それで近くの海岸が併走しているところで撮影。
こちらは先客が3人ほどいました。
聞くと2人は東京から訪れたそうです。

今度やってくるのは、国鉄原色のキハ20 16。
島原鉄道南線には最近はキハ20は入っていなかったのですが、運転の要望が高いためにこの夏に土曜休日限定で入っています。
ここではフレンドリーに撮影。
列車内は結構多くの鉄道ファンが乗車しているみたいでした(私は撮影に集中していて気づかなかったのですが、一緒に撮影した人が言ってました)。

加津佐駅では案の定、みんな撮影モードです。

折り返しの時間は30分以上ありましたので、私も一緒になって撮影しておりました。

そして海側の座席を確保して加津佐駅を発車
キハ20とはいえ定期列車のスジに入っていますので、一般客も一緒に乗ってきます。
バス型クーラーとはいえ冷房車ですので、特に不都合はないなという感じ。

口之津から私の向かいにも乗客が着席。途中の駅でも思ったより乗ってきます。
鉄道ファンを差し引いたとしても思ったよりも人が乗っていて廃止するほどではないな、という感じで、少なくとも第3セクター鉄道ならやっていけるでしょうという感じ。廃止の背景にはやはり雲仙の噴火による復旧作業等にかかった費用が大きく、噴火で乗客が減ったのも廃止の理由にあるようです(噴火前の平成2年までは黒字だった)。
けど、深江近くの新しい線路をなくすのは、トロッコ運行も考えるとあまりにももったいないという気がします。
この付近はトロッコ列車でも乗るので、初乗りですが車内でパソコンしてました(デジカメ写真をパソコンに取り込んでいました)。


島鉄トロッコ列車も今年がラストラン!
島鉄トロッコ列車も今年がラストラン!
島原半島遊湯券で島原小涌園を満喫!!
島原半島遊湯券で島原小涌園を満喫!!
島鉄オリジナルのキハ20、素敵です!!
島鉄オリジナルのキハ20、素敵です!!
南島原で新型気動車2500形に車両交換(乗換え)。
2駅とはいえ、こちらも乗っておかないと残りの旅程で乗れないので堪能しておきました。
こちらは冷房の効きが良かったです。

島原駅ではトロッコ列車のきっぷを受け取ります。遊湯券は使えないので500円が必要です。
シーズンの日曜日で南線廃止とあってかトロッコ列車は大人気で、軒並み満席表示になっていました

そして15分ほど待ってからトロッコ列車に乗り込みます。
列車は4両編成で、キハ2500+トロッコ2両+キハ20です。
トロッコはトラ701という2軸車です。
最近はボギー車(1両あたり、車輪が台車を通じて4つ付いている)のトロッコ列車が多いのですが、2軸車(1両当たり、台車がなく2つしか車輪がない)です。
2軸のトロッコは何年ぶりだろう?
北海道の流氷ノロッコ号(初代のもの)に乗ったとき以来かなあ。
やはり2軸のゆれでないとトロッコの感じがしないのは私だけ?

私の向かいに座った方も東京から撮影や旅行できていたみたいで、今晩は熊本に渡るとのこと。
すでに島原鉄道は乗っているとのこと(旧国鉄時代に完乗されたらしい)。
列車は南島原の運転停車を経て、島原外港へ。
島原外港でも何人か乗ってきました。
私は通路側で、列車は満席となっていたものの隣は空席だったので「島原外港から乗るのかな」と思ったのですが、結局はだれも来ませんでしたので窓側に移動しました。途中、平成新山や水無川、土石流や火砕流の跡地を見てきました。こちらも先遣隊が多く派遣されたり、大変だったようですね。以前ニュースで連日のように報道されていたのを思い出しました。有珠山(1977年に噴火し、1994年に訪れた)のような感じもしましたね。

係りの人の解説を聞きながら深江までトロッコを堪能。
深江では方向転換して今度は島原へと戻るのですが、気動車(新型とキハ20)は一般開放もしていて深江の地元客も乗ってきます。
こちらは料金不要です。
列車は島原駅まで戻るのですが、私は島原外港駅で下車。
それは島原温泉に寄るためです。
遊湯券の使える温泉のうち島原地区にあるのは4件。うち3件は島原外港にあるところで、あらかじめホームページで比較したところ「島原観光ホテル小涌園」がよさそうでしたので行ってきました。同じようにトロッコからここで下車して温泉に行った人も見かけましたが、その人は「海望荘」に入っていきました。

島原観光ホテル小涌園は温泉、露天風呂(露天風呂は温泉ではない)、サイダー鉱泉がありましたが、サイダー鉱泉、中に入ると炭酸の泡がどんどん付いてくる、気持ちのいいところでした。
温泉で1時間ほどまったりしてから、島原外港駅に戻ります。

やがて普通列車が来ました。今度は特に狙ったわけではありませんでしたが島鉄色のキハ20でした。
南島原で乗換え、首都圏色と標準色のキハ20の2連。
先に乗ったキハ20が標準色だったこともあって、今度は首都圏色のほうに乗りました。
茨城交通や水島臨海鉄道にもキハ20は残っていますが、これらは標準色なので、やっぱり違う色の方がいいですもんね。

北線はお客さんは多いのですが、逆に沿線撮影をしている人は少なかったです。
こちらのキハ20は比較的入線しているので、それほど珍しくないということもありますね。

島原鉄道ってローカル色ただよう路線かと思いきや、諫早まではそれなりの街が多くお客さんの乗り降りも多い中に近代的なDCが快走する路線なのでした。
そんな中のキハ20というと、1980年代の国鉄を感じさせてくれます(海に面していない点は異なりますが、水島臨海鉄道も同じような雰囲気ですね)。

やがて諫早に到着。島原鉄道に乗ったこともあり、これで九州の残り路線は33kmほどになりました。
30分ほど時間がありましたので、駅前の西友でお土産を買い、マクドナルドでテイクアウト。これも予定通り。
そして諫早から肥前鹿島までは「白いかもめ」でワープしました。
テイクアウトしたえびフィレオを味わいながら、振り子車両のカーブでのスピード感を満喫していました。

肥前鹿島からは鳥栖と二日市で乗り換えて博多まで普通。817系、811系、813系でした。

そして博多に来ると、ラーメン食べにここに来るんだよな〜。
ラーメン「一蘭」に行くため、サンプラザ地下街へ。
他にも天神方面へ行けば色々あるのですが、列車の接続時間が1時間くらいしかないことが多くて、「一蘭」になるのですわ
ちなみに2007年9月には大阪でもオープンするらしいです。

いつもなら待ち時間が10分程度あるのですが、今日は待たずに入れました。
駅前サンプラザ地下にある、赤いのれんのラーメン屋。
いつものようにラーメンと200円のお茶、そして替え玉君もちゃっかり注文(^^;
全部で1000円です。

唐辛子は標準にしたのですが、1/2でも良かったなあ。
麺はやわめにしたのですが、超やわめでもいいかも。
味はいつもどおりGOODです。
けど、今日は空いていたのか、食べているときに向かいの席を見てたのですがすこし開いていました。

時間がぎりぎりになることを想定していたので、「ムーンライト九州」の入線30分ほど前にはホームに到着。
自販機でお茶買ったり、ソニックやみどりの発車を見ながらAdvanced/W-ZERO3[es]使っているとあっという間にムーンライト九州が入線。
ムーンライト九州乗るのは何年ぶりかなあ。
夜行列車には何度も乗るのだけど。

私の後ろには子供の団体客が(20人くらい)乗ってます。博多の時点では乗車率60%程度。
少しずつお客さんが乗ってきて、下関ではほぼ座席埋まりました。
機関車つけ替えで16分停車なのですが、今日は車内でずっと待ってました。
下関から先はハイネケンオルゴールだ!!

厚狭から減光でいつのまにやら寝てしまい、寒さかセノハチか三原の手前かで眼が覚めました。
そこから倉敷まで起きてたっけ…。
岡山から姫路までは寝てましたが。
posted by うえしょう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81331829

この記事へのトラックバック

うわさどおりエっチしてきた(笑)
Excerpt: ここの常連さんが教えてくれたトコいってみたら、本当に一晩中やり続けて41マモ烽烽轤スよ!(笑)
Weblog: 今日は匿名で^^;
Tracked: 2008-01-31 09:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。