2005年04月03日

2005年4月 特典航空券でリベンジ北海道旅行

2005年4月2日 リベンジ北海道旅行初日






中部国際空港への連絡橋。関空みたいに鉄道が1階というわけでないので、見晴らしが良かったです。
中部国際空港への連絡橋。関空みたいに鉄道が1階と
いうわけでないので、見晴らしが良かったです。
空港へは急行でやってきました。さしずめ南海の空港急行ってな感じ。せめてクロス車で来たかった。
空港へは急行でやってきました。さしずめ南海の
空港急行ってな感じ。せめてクロス車で来たかった。
セントレアのエントランスで。開業間もないことから、名古屋の人が見物にたくさん来ているという感じ。
セントレアのエントランスで。開業間もないことから、
名古屋の人が見物にたくさん来ているという感じ。
奥に止まっていた旧JAS塗装の機体。これが私の乗る札幌(千歳)行きとなりました。
奥に止まっていた旧JAS塗装の機体。
これが私の乗る札幌(千歳)行きとなりました。
大規模の太陽電池がありました。とはいえ今は曇りなのであまり電力を供給できていないみたいですが…。
大規模の太陽電池がありました。とはいえ今は曇り
なのであまり電力を供給できていないみたいですが…。
昨年9月に「雨でも試合をする」札幌ドームまで行ったのに「中止」だったのが悔しくて悔しくて、予定通りリベンジを果たすべく、北海道に出かけてきました。もちろん日本ハム−オリックス戦。

最初は船を使うことも考えたのですが、一ヶ月ほど前にJALのマイルが14500マイルになったので「往復飛行機でもいいな」と特典航空券を予約したら、なんと中部−千歳便が取れたので往復飛行機に決定!!
セントレアを見学するためとか、延長区間に乗りたいとか言う理由で中部国際空港に訪れる人が結構いるかと思いますが、私の場合は北海道へ野球観戦に行くのが目的。当然、常滑−中部国際空港(セントレア)の延長区間にも乗ろうという訳。一石二鳥です。

時間があったので金山駅から快特に乗らず急行で中部国際空港へ。常滑までは以前にキハ8500系で来たことがあるので、初乗りはその先早朝の快速で福井を出て、(というか、常滑の手前の新線も初めてなんだけどね)から。大田川からのECも初めてだわ。でも、以前はキハ8500系「北アルプス」が中部国際空港に来る予定だったんだよ〜。もし実現していたら高山方面と空港が直結して便利だったでしょうねえ。
綺麗な高架橋は日根野からの関西空港線のようでしたけど、トラス橋の平屋部分でないから、眺めもいい。空港駅は2面2線だけど、拡張できるよう対応されているのですね。
中部国際空港に着いて記念撮影していたら、快速特急がやってきました。かっこいい…。そこで次のことを考えました。

「憧れの快速特急は帰りに乗るぞ〜!!」
「ミュースカイ」だって「名鉄杯(1000万以下)ファンファーレ」もとい、ミュージックホーン鳴るんだから〜♪
(今朝、金山駅に進入するミュースカイが鳴らしていた)

というわけで帰りの快速特急、長い時間乗りたいので名鉄一宮まで指定席取っておきました(帰ってきたら予想通り満席だったので、先にとっていてよかった(^^;)

セントレアこと中部国際空港を利用するというおまけつきでの新千歳空港。さすが気持ちいい。
そこから昨年同様、バスで札幌ドームへ。バスが値上がりしていたのはがっくり。
日ハムファンをかき分けながらチケットを買い、ドーム内へ。その間、Bsファンは誰も見かけなかった。ビジターとはいえひど過ぎる。まあ、去年もこんな感じだったのかもしれないでしょうけど。



本日の試合結果。JP投手が完投で我がバファローズ勝利!!見事、リベンジ北海道観戦も成功する。
本日の試合結果。JP投手が完投で我がバファローズ勝利!!
見事、リベンジ北海道観戦も成功する。
札幌駅のタワーホテルを撮ってきました。綺麗ですね…。これから今晩の宿の比羅夫へ向かいます。
札幌駅のタワーホテルを撮ってきました。綺麗ですね…。
これから今晩の宿の比羅夫へ向かいます。
試合は10−0で快勝!!旧BWファンが多いのか、Bu戦士の応援歌が寂しいので私が頑張らないといけないという有り様。まあ、その内に覚えていくのでしょうけどね。

そして今晩の宿は「駅の宿ひらふ」。以前に新聞でも紹介されていて知っていたのですが、「キング・オブ・秘境駅」こと小幌駅に行くため、少しでも西に行くのに便利な宿はないか探していたらここになったという訳。
札幌駅でラーメンを食べ、快速とDCを乗り継いで比羅夫に到着。すぐに出迎えてくれました。

「駅の宿ひらふ」は駅舎を民宿にしたようなところで、以前にも新聞などで紹介されていて知ってたのだけど、泊まるのは初めて。駅から17歩というのがウリだ。
1泊3000円だけど、季節によっては暖房費などが他にいるのでもう少し必要なこともある。今回は行程がはっきり決まらず宿は直前まで予約していなかったので、「じゃらん」で予約したのはいいが予約金を振り込むことはできなかったので200円UPになってしまった。結局、じゃらんの割引を差し引いて3200円だった。とはいえフツーのホテルに比べれば安いので、安宿感覚で泊まるのがいいと思う。

部屋は空いていたので通常の部屋ではなくログハウスを案内されました。とっても快適。そしてお風呂は丸太を繰りぬいて作ったもの。「北の国から」に出てきそうなお洒落な宿。

やはり、ここの名物は「お風呂」。丸太を繰りぬいて作ったもので、入浴時には石油ストーブで部屋を暖めるといった感じ。「北の国から」に出てきそうなお洒落なところだ。
そしてお風呂に行くのも、丸太小屋に行くのも、通るのは駅のホーム。お風呂は1時間ほどた〜っぷり満喫。昼間の野球観戦の疲れも吹き飛んだ(大量安打、大量得点でかなり疲れていた(笑))。
今回は食事なしだったけど、夏季シーズンの夕食はホームでバーベキューをしているみたいだ。

丸太小屋には「八雲からスキーで来た」という方が先にいました。

なんと無線LANが整備されているので、少しインターネットを楽しむ。ただ、ログハウスまで無線は届かなかったので、駅舎と一体になっている本館に移動した。
すると秘境駅や終着駅などによくある旅ノートがあったので少し拝見。パラパラとめくっていると、「鉄ちゃんたちに100の質問」に答えてくれている栗太郡綣村人さん(栗太郡綣村人のページ)とよねざわいずみさん(いずみちゃん.com)も来ていたみたいで、宿の感想書いてないかな〜とサイトを開き、宿泊した日の日記を拝見。宿の写真や感想etc.を拝見しました。やっぱり丸太小屋のお風呂は好評みたい。

2005年4月3日 リベンジ北海道旅行2日目




比羅夫駅は「駅の宿ひらふ」という、宿泊施設が一緒になった駅です。
比羅夫駅は「駅の宿ひらふ」という、宿泊施設が
一緒になった駅です。
奥に見えるのがロッジです。この日はロッジで泊めて頂けました。まさに駅の中。
奥に見えるのがロッジです。この日はロッジで
泊めて頂けました。まさに駅の中。

リベンジ北海道旅行2日目。
最初は今日も野球見ようかと考えたのですが、前回は3連休で帰りが船と行程に余裕があったこと、同行者がいたことからのことで、今回は2試合とも見てしまうと帰りに影響が出ることから1日のみとし、代わりに「キング・オブ・秘境駅」こと小幌駅へ行くことに。
前夜は24時前に就寝、550比羅夫通過の回送で目が覚めました。

丸太小屋には、「八雲からスキーで来た」という方と2人で泊まっていて、出発までしばし談笑。ニセコスキー場の近くとあって、スキーするにも便利な所。もっとも、私も9年前にはニセコでスキーしてるんだけどね(ちょっと自慢)。今日は天候が悪く心配しているようでした。確かにニセコは荒れることが多いと聞いたことがあるだけに、こんなものかなと思いました。私が9年前に滑ったときは羊蹄山がばっちり見えていたのは「超ラッキー」だったのかな。

始発の長万部行きで出発。長万部で乗り換えて小幌に到着。2時間10分の滞在予定。




小幌駅では海岸まで歩いて出ようとしたのですが、
半分ほどいったら熊の足跡を発見。引き返してきました。
9年ぶりに「スーパー北斗」乗りました。キハ283は初めてです。何て速いんだ〜。
9年ぶりに「スーパー北斗」乗りました。
キハ283は初めてです。何て速いんだ〜。

「秘境駅へ行こう」などのサイトで小幌駅について調べていたのだけど、国道はかなり山の上にあり、国道から駅へ降りるのは冬山登山並みに至難の業。結局は海岸に出る(といっても戻るしかないのだが)しか道がないらしい。それも冬季は難しい。

さて、今回の私はというと、予想以上に雪が残っていてなかなか身動きが取れない状態。少し海岸に出ようとするものの、途中の斜面で何度も雪の穴にはまってしまいました。それでも5分の2くらいまでクリアしたところで、今度は悪魔の足音!!
もとい「熊の足跡」。

冬眠から覚めた熊が何かを狙ってうろついたのかもしれない。雪の少ない山の下のほうから…。足跡の様子から数日〜1週間くらい前か。ということで安全を考え、駅のほうへと戻る。
それからは駅の見える範囲でしか行動せず、貨物列車や特急の通過するシーンをデジカメで撮影。けど、凍えるほどの寒さでなかったのは良かった。今度は夏に来て見たいな…。

11時34分の普通で小幌をあとに。秘境駅でもここまで身動きできなかったら面白みがないな…ということで、今度は、皇太子妃雅子様ご成婚のときに話題になった小和田(こわだ)駅に挑戦しようと思いました。
長万部に戻り、北海道内では9年ぶりに乗るDC特急「スーパー北斗」。電車よりも速い特急ということで、小幌駅もあっという間に通過。景色といい、長い複線非電化といい、高速DCといい、どとこなく韓国に似ているなとも思いました。

帰りの名古屋行き。行きは空席もあったのですが、帰りは満席でした。
帰りの名古屋行き。行きは空席も
あったのですが、帰りは満席でした。

そこから苫小牧、南千歳と普通で乗り継ぎ、新千歳空港でお土産を。飛行機はJALだけど、ANAの買い物で使える株主優待割引券を持っているのでお土産はANA系列のFESTAで買う。これで1割引と得した気分に。乗る予定の飛行機は域は空席もあったのに帰りは満席。小さいMD−81型で中部国際空港セントレアへ。28時間の北海道滞在。

セントレアへは10分ほど遅れて到着。お土産を手荷物として預けていたので、名鉄に間に合わないかも…と思いながら手荷物を待っていると、結構早く出てきたので駅までダッシュ。すると「1850発の快速特急は満席です〜」のアナウンス。でもあらかじめ行くときに指定席とっておいたので、後続の列車を待つ人を横目に(優越感丸出し?)で快速特急「ミュースカイ」に飛び乗りました。


大急ぎでミュースカイに乗り継ぎ。ミューチケット取っていてよかった。
大急ぎでミュースカイに乗り継ぎ。
ミューチケット取っていてよかった。
車内は案の定満員だけど、先頭車の1人がけのところがあいていて、そこが私の座席だ。そして無事、中部国際空港駅を出発。
リクライニングシートを満喫し、「ミュージックホーンを聴かせて」と待っていました。すると太田川駅通過の時に「ど〜け〜よ〜ど〜け〜よ〜こ〜ろ〜す〜ぞ〜」とテーマ曲がかかって「乗ってよかった〜」と感激。
そして一宮でJRに乗り換え。金山で乗り換えたほうが安いのだけど、少しでも長くミュースカイに乗りたかったのでもっと先にしよう、でも岐阜だと乗換えが厳しいな、ということで一宮に。

あとは新快速と普通を乗り継いで福井へ。うーん、充実した北海道旅行だったわ。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大阪十三のメンズエステ「癒し家」求人情報
Excerpt: 「脱がない・舐めない・触られない」をお約束しますので、初心者の方やハードサービスのお店に疲れた方でも安心してお仕事して頂けます。空いた時間を有効利用できます☆未経験者大歓迎&全額日払いOK!
Weblog: 大阪十三のメンズエステ「癒し家」求人情報
Tracked: 2014-08-18 07:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。